私の職場恋愛 相手は妻子持ちの軽い男だった

軽い

不倫相手の彼と出会ったのは、私が26歳、彼が30歳の時でした。

私が派遣としてネット通販の管理事務所で働きだした頃、彼は主任という立場でそこで働いていました。

彼と不倫関係になったのは、私が働きだして3ヶ月を過ぎた頃でした。

彼に誘われ、2人で食事に行ったのがきっかけです。

その頃、彼には奥さんと幼い子供がいました。

彼は奥さんとセックスレスでほとんど会話が無いらしく、毎日がつまらないと愚痴を零していました。

彼が私を食事に誘ったのは私の事がタイプだったらしく、私も食事ぐらいは問題ないだろうと思い、彼の誘いに乗ったのです。

彼とは笑いのツボも合い、会話が弾み凄く気が合いました。

彼の奥さんも彼より8歳年上らしく、年下の女と久々に2人きりで過ごせて楽しいと言ってました。

それから私達は、時々時間が合えば食事をするようになりした。

そして何度か彼と食事を重ねるうち、私達は自然と体の関係を持ち不倫関係になっていったのです。

彼は時々時間を見つけては電話をかけてきてくれたり、毎日メールを交わしたり彼との不倫関係は順調でした。

もちろん職場ではお互いに今まで通りの接し方をして、周囲にバレないよう気を付けていました。

しかし、そんな関係が半年を過ぎた頃、彼の態度に異変が感じられるようになったのです。

彼は私との連絡を避けるようになってきました。

私と会おうともしなくなってきたのです。

あまりにも露骨に私を避けるようになってきたので、仕事の休憩時間、彼と2人きりになるタイミングを見計らい彼に問いただしました。

すると彼は、嫁に最近携帯料金が高いと言われ怪しまれている。と、私に言ってきたのです。

それならそうと、もっと早く言ってくれたら良かったのにと彼に言いましたが、とりあえずほとぼりが冷めるまで会うのも連絡を取り合うのもやめようと彼に言われ、仕方なく納得しました。

私は彼の事が好きだったので毎日寂しく、ひたすら彼の事を待っていました。

ほとぼりが冷めるのはいつになるんだろうと、モヤモヤした気持ちで過ごしていたのです。

職場で会っても、彼は必要以外私とは話しませんでした。

しかし、それから一ヶ月。私の耳にとんでもない噂が飛び込んできたのです。

それは、彼が別のチームの女子社員と不倫しているという噂でした。

私と彼とは同じチームで、同じ階の事務所にいましたが、その女子社員は1つ上の階にいました。

24歳で綺麗な容姿の女子社員は、私も何度か話した事がありますがサバサバと男っぽい話し方で感じの良い子でした。

私と彼とは別れたわけでもなく、今は奥さんが疑っている状態で危険なので私と距離を置いているはずなのに、他の女子社員と不倫している噂を聞いた私は怒りが抑えられなくなりました。

私はその噂話を徹底的に調べて、証拠を掴もうと思いました。

それから私は女子社員に近付きました。

仲良くなって女子社員の口から真実を聞こうと思ったからです。

暫くして、私は女子社員と食事に行く事になりました。

そこで、彼の事を聞いてみようと思いました。

私は女子社員に、彼と職場中で変な噂になってるという事を告げました。

すると女子社員は最新否定していましたが、お酒も入っていたせいもあり私に暴露してきたのです。

彼とは3ヶ月前から付き合いだし、ほぼ毎日連絡を取り合っているし、会っていると。

私に気を許したのか、内緒にしていてと言ってきましたが、時期的に私と彼の付き合いと被っていたので私は怒りがおさまらなくなりました。

彼に騙された、と私の腹は煮えくり返り、あまりにも腹が立ったので私はもう仕事を辞める覚悟で女子社員に自分と彼との事を打ち明けてしまいました。

女子社員はびっくりしていましたが、彼なら有り得ると言ってきました。

私が派遣として働き出す前にも、彼は女性関係にだらしなく他の女子社員ともよく噂されていたとの事でした。

その度、上司からは注意を受けていたそうです。

翌日、私は彼にメールで話しがあると言い、呼び出しました。

そして、彼に女子社員の事を伝え、彼とは完全に終わりにしました。

その後、私は派遣先の彼と同じ職場を辞めました。

辞めて暫くは女子社員から連絡がありましたが、女子社員も彼とは別れたそうです。

根っからの女好きの彼は、懲りずに又新しい不倫相手を探しているんだろうな。と、思いながら、私は新しい職場で独身の彼氏を見つけて幸せな日々を過ごす事が出来たのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です